主な役割と必要なスキル

看護師の主な役割は、患者が安心して療養生活を送れるようサポートをすることです。
具体的には、患者の状態を常に把握するため、バイタルのチェックや点滴、血液検査のための注射などを行います。
また、患者の症状などを患者とその家族に理解してもらい、安心して治療に専念できる環境を整える重要な役割も担っています。
つまり、看護師は患者に寄り添い症状の改善などをサポートする存在です。
また、看護師に必要なスキルには、体力や精神面においてのタフさ、進化する医療に対応していくために学び続ける努力、そして患者や同僚とのコミュニケーションスキルなどになります。

看護師の仕事には、夜勤や患者の介助なども業務内容に含まれています。
また患者が亡くなってしまうこともあるので、強い精神力も必要です。
医療は常に進化しており、新しい治療法や機器などを理解する必要があります。
そのため、勉強会や研究会などに積極的に参加し、医療の最先端に触れる、もしくは医療関係の専門的な資格を取得し、さらにより良い看護が実践できるよう学び続ける努力も必要でしょう。
そして、医師などから指示を仰ぐ際や同僚の看護師との情報を共有するための、コミュニケーションスキルも重要になります。
患者一人ひとりの情報を共有しなければ、医療ミスにも繋がる危険があります。
このように看護師は医療の現場に立って学び続ける努力と、夜勤などの勤務時間などに対応できる体力が必要です。